キッチンに欠かせない家具金物の先生〜(株)谷口商会さん

先日18日の日に、お仕事で大変お世話になっている(株)谷口商会さんへ行って来ました。 大阪の中央区に事務所が有ります。 私たちがキッチンを始めるきっかけを作ってくれた恩師、谷口社長はキッチンに欠かせないヒンジ類や金物を扱っていて最新の情報やら偽物と本物の区別やら使い方やらとにかくいろいろ詳しいこの業界の生き字引の様な方。 ショールームの様子です。左のおしゃれな帽子の方が谷口東郷社長。 (株)谷口商会ショールーム 元ジャズドラマーの社長。ショールームにはピアノやドラムが・・。 もう10年近くなるかもしれないですが、私たちがまだ大手メーカーのキッチンを取り付ける仕事をしていたころ、お客様から「家具調のキッチンが欲しいので作ってくれないか?」と頼まれていろいろ調べている時に出会い、金物を良く知らなかった私たちに、キッチンの作り方をちゃんと勉強する様に進めてくれた方。 そのころ設備業者から独立してリフォームや水道工事を請け負いながら家具作りをしていた私たちは家具を作る時にはほとんど金物は使っていませんでした。 しかしキッチンは引き出しの開け閉めの頻度が家具とは全然違います。毎日毎日ひっきりなしに開け閉めしますし、陶器の重い物を入れて、しかも奥まで取れる様に全開式にする方が使い勝手がだんぜん良いです。なのでそのための金物(レールやヒンジ等)がいろいろ有る訳です。 それと、キッチンは2400mm以上の物が多いので、床が不陸で平が出ていなかったりする場合には家具の様にひとつの長いキャビネットとして作ったら端っこが浮いてしまいます。ですので、基本的には600mmとか90

キッチン設置〜2日目

昨日は納品の2日目でした。 重たい天板を乗せて細かい調節をしました。 天板は男性4人でもやっと・・。 全体は白とメープルのコンビ デザインは白とメープルのコンビネーションです。メープル自体も明るい木なので全体として明るくエレガントなイメージになりました。 軽く開け閉めできる優れものの金物、アベントス いくつか特徴が有るのですが、一つは壁付けのユニット。アベントスという金物を使っています。 無垢の木材を材料にしているのでとても重たいドアですが、この金物を使うと本当に軽く開け閉めできます。しかもバタンと閉まることが無いので安心です。 設置はちょっと難しいですが、天井までの高さによってどこまで開けるかの位置を決めることができます。 白い扉にニッケルの取っ手。天板はマーブル。デュポンコーリアンのDT。 天板も特徴の有る物をチョイスされたお客様。 普通の白よりも個性的です。 天板が豪華で、比較的シンプルなキッチンがとっても華やかになりました。 キッチンシンクの下に浅い引き出しを付けています。 他には、シンク下の引き出しを2段にしています。 シンク下は扉が多いと思いますが、こんな風に給排水をよけてあげれば引き出しに出来ますよ。 勿論ブルモーション(ゆっくり閉まる金物)が付いています。

[本社・ショールーム所在地]

〒399-8501

長野県北安曇郡松川村4302-15

TEL 0261-62-9003

info@derakoubou.com

http://derakoubou-order.com

 

[工場所在地]

〒399-8601

長野県北安曇郡池田町池田2713-11

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

ショールームカレンダー

© 2016 by デラ工房. All Right Reserved.